雑貨店といえばこちら
雑貨店といえばこちら

周年記念日には時計が喜ばれます

00周年記念品として何らか品物を用意しようかという場合、その会社や団体の事業や設立の目的とするところや記念式などを行うコンセプトに合致した品物を用意するのが最も適切ですが、そういったものがなく、ともかく何か用意したいという場合は、時計を選ぶのが最も無難ということになります。

時計は時を刻むという意味があり、00周年記念というときに相応しいからです。

心配があるとすれば、今時どの家庭にも時計は溢れているということになりますが、柱時計とは置き時計はあるにしても、デジタルでしかもソーラー式で小さなものはいくつあっても邪魔になりせん。

マンションの例で言えば、洗面所やキッチンに、トイレやリビングそして書斎にという具合で、ちょっと時刻を知りたいというときにとても便利だからです。