雑貨店といえばこちら
雑貨店といえばこちら

大原孝治の名言に学ぶ本質の捉え方

ドンキホーテ社長、大原孝治の名言の一つに、「お客様がそれを欲しているからやる」という趣旨の発言があります。正確には、「売り上げが上がるからやっているのではなくて、お客様がそれを欲しているからやるんです。世の中が要望する方向に我々が変わっていくだけ」というものです。ポイントは、結果的に双方が利益を得られる状況になっていることで、ウィンウィンの関係と言っても良いでしょう。ウィンとは勝者の意味ですから、企業もウィンであり、消費者もウィンである、どちらも勝者として利益を得ていることになります。会社の売り上げを向上させるために四苦八苦する際に、いったい誰のための試行錯誤なのかを問いかけている内容になっているのも重要です。株主総会で株主への説明責任を果たすための売り上げ向上ではなく、消費者が喜んでくれる商品を提供して結果的に売り上げが伸びれば利益も得られるのだと指摘しています。会社が一方的に提供するよりも、消費者が何を求めているのかを注意深く観察することが大切だと教えてくれます。消費者の動向はそのまま世間の動向につながりますので、世の中が要望している本質を捉えることに直結していきます。お客さまとは消費者であり、大原孝治の掲げている顧客最優先主義と合致している名言です。

世の中の要望には、店舗の経営スタイルも含まれますので、空間デザインや商品陳列の工夫にも影響していきます。ドンキホーテが増益を続けている背景にある考え方と言って良いでしょう。